鈴木 樹
Master

鈴木 樹

世界トップのバリスタに3回目になた、日本人癒し系女性のバリスタ
2nd of 2017 World Barista Championship

過去10年間のワールドバリスタコンテストの歴史を開く、日本のバリスタから世界のバリスタサークルに至るまで、鈴木樹(Miki Suzuki)の名前は無視できません。鈴木さんは3回の日本人バリスタチャンピオンであり、 翌年の世界選手権では、トップ6にランクインし、2017年のワールドバリスタチャンピオンシップで準優勝を取りました。

彼女の優れた成績に加えて、彼女はすべての男性のバリスタの競争から才能を際立って現れる、後進の女性のバリスタにも大きな励みになります。男性のバリスタ業界では、鈴木さんの新鮮な笑顔が、バリスタの産業サービスのイメージに近づきます。これは、過去数年間、顧客体験を導くための始まりでもあります。

鈴木さんがコーヒー業界に触れたきっかけは、神奈川県横浜市のコーヒーショップから始まりました。それにもかかわらず、彼女は田舎に行ってコーヒーのスキルを学ぶという決心しました。彼女によると、「私は最初、コーヒー業界に入ったとき、私はそこから生計を立てることをはっきりしないと知っていました。バリスタの仕事を本当に学びたいのであれば、何年もかかるでしょう。ある程度、 田舎に引っ越し、都市生活の誘惑を取り除き、勉強に集中するための素晴らしい方法です。」(注)

丸山珈琲のある軽井沢もその一例です。もちろん、丸山珈琲はスペシャルティコーヒーの研究とこだわりで業界でも有名な権威であり、バリスタの育成と訓練についても長期的で非常に厳しい要求があります。そのため、丸山珈琲の同僚にとっては、バリスタキャリアの未来が発展し、しっかりとした体系的な仕事の経験も大きな進歩をもたらすことができます。

鈴木さんは2010年のワールドバリスタコンテストで5位に輝いた後、2011年のワールドバリスタコンテストで再び4位に輝きました。そのような風景の栄光の後ろで、彼女は非常謙虚にであり、毎日のバリスタの仕事に戻りました、バリスタのトレーニングも支援します。これが、2014年の丸山珈琲のラインナップで有名なもう1人のバリスタ井崎英典さんが刺激を受け、経験をすばやく蓄積し、それから世界バリスタ選手権に勝つことができた理由です。

彼女はいつもとても幸運な人だと言っていましたが、しかし、私たちが知る限りでは、彼女は実際には非常に真面目で決断力があり、コーヒー

相关产品

マリサベル カバジェロ
DAILY 中煎り
鈴木樹
マリサベル カバジェロ
柑橘, スペシャルブランド, ハニー, シロップのような甘さ
水洗 ホンジュラス共和国, ラ・パス県 チナクラ
¥350/セット x 10
甘み
苦味
酸味
エミリオ ロペス
PREMIUM 浅煎り
鈴木樹
エミリオ ロペス
スペシャルブランド, ブラックチェリー, トフィー, 赤りんご
天日干し エルサルバドル, アパネカ山脈 イラマテペック サンタ・アナ チャルチュアパ
¥550/セット x 10
甘み
苦味
酸味